京都機械金属中小企業青年連絡会

ご挨拶

 

本年度、京都機械金属中小企業青年連絡会の代表幹事を務めます、有限会社グッドウッドKYOTOの辻本裕哉と申します。

京都機械金属中小企業青年連絡会(通称:機青連)は、「人間がキカイをつくるのだ!という原点に立ちつつ、 時代と環境に適応した人間尊重の企業づくりをめざす」という会員相互の共通理念によって結成され、本年度で第40期目となります。

私たち機青連の会員は「育とう」「育てよう」「育ち合おう」の運営スローガンを掲げ、 会員相互の連絡と協調のもとに自らの主体性において交流活動に参加し、互いの資質向上と企業機会の開拓を目指しております。

第40期の年間テーマを「忘己利他」~何のためにを追求する~と致しました。

私は機青連活動をきっかけに「何のために」を考えることの大切さを知り、自身の軸を作り、太くする事だと気づかせていただきました。 何のために経営をしているのか、何のために仕事をしているのか、その他の事にも常に「何のために」を意識しながら、目的をもって事業の企画運営をしてまいりたいと思います。

今期は1年を通して周年事業もさせていただきます。40年もの長きにわたり、受け継がれてきた機青連です。 40周年記念事業を通じて「機青連の存在意義」を再認識することで、 「機青連で何を学ぶのか」「何のために機青連は必要なのか」「機青連が目指す経営者とはどんな姿か」を今一度、機青連全体で考える機会にしていきたいと思っています。

未だコロナ禍の出口が見えない中での船出になりますが、こういう大変な時にこそ、皆で協力をしながら切磋琢磨し、何事にも前向きに捉えて、 今出来る事をコツコツ一生懸命に企画運営し、会員の皆様に沢山の機会の創出と資質の向上、企業機会の開拓をしていただけるように邁進をいたします。

京都機械金属中小企業青年連絡会
第40期代表幹事  辻本 裕哉

「忘己利他 ~何のためにを追求する~」





HOME | ご挨拶 | 機青連の歩み | 機青連企業紹介 | 機青連物語 | 会員PAGE | ネットワークリンク | 機青連MAP

Copyright (C) 2008 KISEIREN All Rights Reserved.